吃音改善で人との会話を楽しく|原因追求で治療に繋げる

医者と看護師

私のうつ病治療

カルテ

私は埼玉で三回ほどカウンセリング治療を行ったことがあります。大きい病院では、保険が適用され、個人のクリニックでは保険が適用されず、費用が実費でした。カウンセリングを受ける時には、カウンセラーとの相性がもっとも重視すべき部分といえます。カウンセリング治療では、物事の考え方を変えるヒントを得ることが出来ました。

詳しくはこちら

専門性の高い心療内科

看護師

東京には専門性が高く間口の広いカウンセリング施設が多数存在します。心の病や悩みというのは複雑な構造の上にあり、単純では無く発見されずらいものです。それゆえ症状の発見と合った治療法を探すのに時間がかかることが多いので、間口の広い治療を施してくれる施設を探し相談することが緩和の近道と言えます。

詳しくはこちら

スムーズに話す為に

笑顔

理解して得られるメリット

吃音の治療には、吃音をきちんと理解する工夫が必要です。間違った知識で治療をしても改善されるペースが違いますので、正しい事を知っておきましょう。大人より小さな子どものほうが吃音者の割合は多いです。これは脳の発達がまだ子どもである事が原因なので、発達が進めば治りやすいです。成長が進んでも吃音の症状が出るのでしたら早期治療をするのが効果的です。大人でもあまり自覚していない状態なら治りやすいです。吃音の検査をしてから治療をしますが、子どもと大人では検査方法が違います。また、大人になって急に吃音の症状が出た場合は、ストレスなどの精神的な事が原因の可能性が高いです。この場合は心療内科やカウンセラーに相談する方法が良いでしょう。

今後の考え方

吃音は色々な原因があるとされており、複数が原因の事もあります。遺伝的な要因の他に心理的な物や環境による物もあります。精神的な要因でしたら、自覚しないようにするのが治療に役立ちます。以前はトレーニングなどをして治す方法が主流でしたが、今では本人が気にしないようにする事が大事だとされています。これは、自覚してしまうと言葉を発音する事自体が負担になってしまうからです。吃音の治療方法は診療科目によって違うので、発音の練習などをする言語療法にするかは、考えられる原因によって選ぶ必要があります。ストレスによる心理的な要因でしたら、メンタル面から治す精神科や心療内科が良いです。もし診療科目がわからないのなら複数の検査をしてみましょう。

うつ病の症状と治療法

カウンセリング

現代ではうつ病と言った病があり、社会のストレスを生じる事で、このうつ病にかかったりします。このような様子が見られた時は心療内科でカウンセリングを受ける事が完治の要素となっています。これは埼玉でも受ける事が可能です。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 吃音改善で人との会話を楽しく|原因追求で治療に繋げるAll Rights Reserved.